JA三大疾病保障付
住宅ローン・リフォームローン

新築・リフォーム・お借換えなど、住宅に関するさまざまな用途にご利用いただけます。

【三大疾病保障付住宅ローン・リフォームローンとは】死亡・後遺症障害保障に加え、「がん」、「急性心筋梗塞」、「脳卒中」により所定の状態と診断された場合、対象の住宅ローン・リフォームローンが全額返済される、もしものときでも「ご家族」と「マイホーム」をお守りする、「心強い味方」となる住宅ローンです。「JA三大疾病保障付住宅ローン・リフォームローン」は通常0.3%上乗せの三大疾病保障特約がお客さまのご負担0%、三大疾病(がん・脳卒中・急性心筋梗塞)が原因で所定の状態と診断されたら…住宅ローン残高が0円

JA三大疾病保障付住宅ローンの金利情報
2022年5月1日~2022年5月31日お申込み分

固定変動選択型 3年固定金利[店頭金利]年2.50%[当初適用金利]年0.950%(店頭金利から年1.55%引下げ) 5年固定金利[店頭金利]年2.55%[当初適用金利]年1.00%(店頭金利から年1.55%引下げ) 10年固定金利[店頭金利]年2.65%[当初適用金利]年1.00%(店頭金利から年1.65%引下げ) 当初固定金利適用期間終了後も その時点の店頭金利から 全期間 年1.4%引下げ
変動金利型 [店頭金利]年2.725%[当初適用金利]年0.950%(店頭金利から年1.775%引下げ)

当初お借入時に「変動金利型」を選択いただいた方は、「変動金利型」をご利用の間、店頭金利から年1.775%引下げられた金利が適用されます。

ご注意

【固定変動選択型】

表示金利の適用は、2022年5月1日~2022年5月31日までにお申込みいただき、2022年11月30日までにお借入いただける方が対象となります。

【変動金利型】

当初から変動金利をご選択された場合には、お借入時の金利が適用されます。

引下げ後金利の適用条件

以下の必須条件を満たす方で1もしくは2の条件を満たす方
(1~2については、JAにて既にご利用中のお客様、またはご利用申込みいただけるお客様)

必須条件

新たにJAで住宅ローンを借入される方で、他の金融機関などとの併用がなく、JAの住宅ローンのみで資金調達される方

  1. JAカード(クレジットカード)をお申込みいただき、かつ公共料金の口座振替(電話・電気・水道・ガス・NHKから1項目以上)をJAでしていただく方
  2. 給与振込をJAでご利用いただける方
「JA三大疾病保障付住宅ローン」についての詳しい内容はこちら

住宅ローン商品概要説明書

リフォームローン

関連コンテンツ

JAバンクの便利なオンラインサービス

JAバンクの
便利なオンラインサービス